収束に関するQ&A (3)

Q3: デブリの位置の確認はできるか

A3: 東電は東芝に委託してミューオン照射を行い、透過させて確認実験をカザフスタンで実施しています。建物の外から照射し建物の外で透過像を得る方法です。精度は0.3-1メートルが期待されています。
光子発生研究所のマイクロトロンの分解能は0.2ミリです。
http://www.photon-production.co.jp/j/products/mic.htm
20MeVマイクロトロンでやります。
建物の外から可能です
分解能が良いので正確な位置と形状が測定できます
デブリが地下にもぐり込んでいる時は地上からはできません
地下にトンネルを両側に掘って確かめます
別な方法はデブリが連鎖反応を起こしやすいPu240の場合には高速中性子が発生していると思われますので、中性子センサーで位置を確認します
トンネル内の2か所から方向を測定し、位置を決定します。

microtron.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です