収束に関するQ&A (2)

Q2: デブリ状態はどうなっているのか。

A2:  誰も判っていません 東電の推定は下図に示します。
根拠は熱収支計算ですが、計算には仮定が入っており、想定はあくまでも想定です 東電の推定プロクラムは、
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_111130_06-j.pdf
想定は無筋コンクリートの上にデブリが落ちる仮定をしていますが、実際は鉄筋コンクリートであり、仮定そのものが間違っています。鉄筋コンクリートの場合鉄筋が先に溶けて鉄筋の周囲からコンクリートを侵食すると思います。侵食に伴いCOガスが発生し、ガス圧力でコンクリートが破壊されることを想定しています。ガス圧が破壊すると僅かなエネルギーで沢山のコンクリートが破壊されます。
どちらも想定ですが、私の想定は東電の想定より、本物に近いと言えます。

present_estimation.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です