月別アーカイブ: 2015年4月

メルトアウトして再臨界

民間福島原発事故収束委員会ではかねてより、メルトアウトして再臨界が起こる可能性を指摘してきましたが、現実になってしまったようです。
http://mainichi.jp/shimen/news/20150408ddm012040037000c.html

核燃料は周りを融解して落ちてゆきますが、周りを溶かす結果、移動しやすくなり、沈みながら集積するはずです。集積が進むと必ず再臨界が起こります。特にプルトニューム240が自発分裂して爆発的に反応を起こします。集積量が少なければ、持続的反応は起こらず突発的になります。今後同じ様な爆発が度々起 こるでしょう。

多分、基礎のコンクリートを突き抜けて、地下に落ちた段階で、放射能が地表から放出されるようになった模様です。今までは、上に格納容器があったために放出されなかったのでしょう。地表で発光現象が見られたのはそのためです。

こうなるともはや、燃料の取り出しなどとバカなことを言っていられる状態ではありません。人々はすぐに避難すべきであり、原子炉の周りを分厚いコンクリートで固めることを急ぐべきでしょう。砂を盛るだけでは話になりません。
もはや、鉛収束方も、空冷方も意味をなしません。

いったいこの国には、まともな科学者がいるのでしょうか?理論的な考察のできる科学者がおらず、理論だということで東電もマスコミもこれを無視してきました。もっと早くに鉛冷却法を適用させることができなかったのは極めて無念です。
核爆発の可能性が有る以上、モグラ作戦を行うのも危険すぎるでしょう。チェルノブイリのように石棺にするしかないでしょう。

2015年4月11日