カテゴリー別アーカイブ: 原子力問題について

メルトアウトして再臨界

民間福島原発事故収束委員会ではかねてより、メルトアウトして再臨界が起こる可能性を指摘してきましたが、現実になってしまったようです。
http://mainichi.jp/shimen/news/20150408ddm012040037000c.html

核燃料は周りを融解して落ちてゆきますが、周りを溶かす結果、移動しやすくなり、沈みながら集積するはずです。集積が進むと必ず再臨界が起こります。特にプルトニューム240が自発分裂して爆発的に反応を起こします。集積量が少なければ、持続的反応は起こらず突発的になります。今後同じ様な爆発が度々起 こるでしょう。

多分、基礎のコンクリートを突き抜けて、地下に落ちた段階で、放射能が地表から放出されるようになった模様です。今までは、上に格納容器があったために放出されなかったのでしょう。地表で発光現象が見られたのはそのためです。

こうなるともはや、燃料の取り出しなどとバカなことを言っていられる状態ではありません。人々はすぐに避難すべきであり、原子炉の周りを分厚いコンクリートで固めることを急ぐべきでしょう。砂を盛るだけでは話になりません。
もはや、鉛収束方も、空冷方も意味をなしません。

いったいこの国には、まともな科学者がいるのでしょうか?理論的な考察のできる科学者がおらず、理論だということで東電もマスコミもこれを無視してきました。もっと早くに鉛冷却法を適用させることができなかったのは極めて無念です。
核爆発の可能性が有る以上、モグラ作戦を行うのも危険すぎるでしょう。チェルノブイリのように石棺にするしかないでしょう。

2015年4月11日

メルトアウトが起きたらどうなるか?

格納容器の下で核分裂が再開すると、
① 発熱が起こりますので、蒸気が発生し、地表から噴き出します。
② 発熱がひどくなれば、水が抜けて、土台が柔らかくなります。
③ 格納容器の土台が緩めば、格納容器が傾き始めます。
④ さらにひどくなれば、格納容器が倒壊します。
⑤ 格納容器がひっくり返れば、強烈な放射能がばらまかれます。
チェルノブイリからの報告では、チャイナシンドロームを止めるために、格納容器の下に穴を掘って、受け皿を作るのが良いと言ってます。(ブログのコメントにウクライナの研究者の意見を乗せていますので参照ください)

メルトアウトしたかを検証するには、中性子を測定することと、周辺の温度を継続的に測ることだと申し上げているが、
今回東北の大雪で、福1周辺で雪がどうなったかを検証するのは一つである。
大地が過熱しているのならば、雪は直ぐに融けてしまうであろう。雪の融け具合で地表の温度が分かるはずだ。
是非状況を観察していただきたい。
 山田廣成

2号機がメルトアウトした可能性は非常に高い

東電は13日、福島第1原発2号機海側に新たに掘削した観測井戸から、13日に採取した地下水から、高濃度のセシウムを検出したと発表した。
東電によると、1リットル当たりセシウム134が3万7千ベクレル、セシウム137が9万3千ベクレル、合計で13万ベクレル含まれていた。同原発1~4号機の海側エリアで検出したセシウムの値としては最高値となる。また、全ベータ線量も26万ベクレル、トリチウムが8万8千であった。

この結果からすると、2号機がメルトアウトした可能性は非常に高い。3年前の事故当時のセシウムが残留していたと東電は言っているようだが、そうではなく、新たな核分裂によりセシウムが発生したと考えるのが妥当だろう。これは、地中で新たな核分裂が起こったことに起因すると考えられる。